フルーツの贈り物

日常の身近な贈り物「マジカル・フルーツ」

色とりどりの魅力に包まれた、世界各地から集まった「ヒーロー」、それが「フルーツ」です。
大切な人、身近な人にぜひ贈り物をしたいと思っても、ギフトは多岐にわたり、中々選ぶことができません。
そんな時こそ、手頃で美味しい、旬のフルーツを贈りましょう。
代表は「オレンジ」や「リンゴ」、お手軽に食べられて、「おいしい」と言ってもらえます。
ゆっくりじっくり味わいたいのは「ぶどう」「もも」、まずは香りをお届けです。
高級な「メロン」、存在感溢れる「スイカ」、「キウイ」や「バナナ」「イチゴ」「パイナップル」など、数えればきりがないもの。
最近では「マンゴー」も有名です。
「贈るだけで幸せになる」そんな奇跡のハーモニーを持った「フルーツ」は、いつも身近にあります。
贈り物は、決して高級であればよいわけでなく、ふと安心できる「いつもの」こそが、「明日こうやって食べよう」と、日常の「マジック」になり、相手を元気にするのです。

フルーツの贈り物を余らせず無駄にせず美味しく頂く方法!

様々なシーンで頂くフルーツの贈り物。
自分では買わないような果物を頂けたりするととっても嬉しいですよね。
でも、家族でなかなか食べきれなかったり、夫婦だけだったりするとすぐに傷んでしまうこともあります。
そんな事態にならないよう、おすすめなのはもう食べごろになったらその日に切り分けて、調理組と食べる組に分けてしまうことです。
今日食べる分だけ切ってお皿に入れてラップしておき、その日中に頂きましょう。
そのほかの調理組は、一部はいつでも食べられるようにカットし小分けにして冷凍しましょう。
アイスクリーム代わりに食べるとヘルシーで美味しいです。
また一部はジャムやフルーツソースにしましょう。
水と少しのハチミツと一緒に煮詰めればおいしいものができあがります。
またほかの部分は酢漬けにしてフルーツビネガーにしてしまいましょう。
カットした果物を酢と砂糖で漬けておくだけです。
お水や牛乳で割るとおいしいです。
届いた果物を食べごろに生で食べると美味しいですが、食べきれない場合はこんな方法もあります。
是非お試しください。