朝フルーツの効果

いつも食べたい色とりどりの恵み「フルーツ」

フルーツは色とりどりです。
代表は「オレンジ」。
香りがよく、甘みと酸味のバランスが絶妙で、風邪予防にもなります。
ジュースでもおなじみです。
次いで「リンゴ」。
皮をむいて冷やして食べると甘くて最高です。
「レモン」。
意外に忘れられがちですが、料理の他に「紅茶」に入れることができます。
「ブドウ」は丁寧に一粒一粒味わいます。
酸っぱさがイイです。
「キウイ」はお弁当にも最適。
「イチゴ」はクラッカーと生クリームで食べてみたりと、お菓子との相性はバツグンです。
オレンジと姉妹の「みかん」は、いつでも手頃に食べられるのが魅力です。
「バナナ」はバニラアイスとも絶妙です。
「メロン」は是非冷やしてください。
「もも」は香りを大切に食べます。
「パイナップル」は、様々な使い方ができます。
まだまだあります。
沢山あるフルーツは、「ミックスジュース」にすることができます。
その組み合わせは絶大です。
コツは、旬のものを優先して食べ、必要に応じて、希少なものも使います。
メロンは特に種類と味に個性があります。
どこのどういったものがどのように甘くておいしかったかなど、しっかりと実感を持って、最高の味わい方を見つけるのがベストです。
一度は夢見る「フルーツ食べ放題」。
身近なところからの日々の感謝と感性が、深い満足を見い出してゆくのです。

朝フルーツで健康になる

フルーツには、多様なビタミン・ミネラル・食物繊維・細胞が動くエネルギーとなる糖分、そして生で食べる事で摂取できる酵素が含まれており、朝に食べると身体にいい!ダイエットになる!という話は昔から言われています。
朝に食べる事で、細胞が目覚め動き出す栄養やエネルギーを効率よく摂ることができるのです。
日本人には戦後の栄養不足から脱する為の食事教育で、三食しっかり食べるという概念が染みついていますが、現在は栄養過多の時代、加工食品には添加物も多く含まれています。
そんな時代「食べ過ぎないのが健康によい。
本当は一日二食や一食で十分。
」といった食事健康法を謳われる医師や専門家が増えているのです。
そんな中、朝食をフルーツだけにするという方法を推奨される専門家も多く、実際に生活習慣病をはじめ多くの病気を治す手助けとなったり、まだ病気にまでなっていなくても、未病といった時点で体調不良な方も、体の調子がよくなったと言われることが多いです。
もちろん、お昼や晩御飯で食べ過ぎてしまうと効果はあまりないようですが、食事制限をする際に最初に止めるべきは甘いものと言われることが多い中、食べてはいけないものを止めたり、減らすことを気にするよりも、他の美味しく安全な食べ物に置き換える。
その一端を担うのがフルーツなのです。

Favorite

久地 歯科
http://www.green-dental-clinic.jp/kuji/
幸区 歯科
http://www.hirokami-dental.com/
大宮 美容院 人気
http://www.waves-web.com/

Last update:2017/4/7